RojiNeko Nikki

$4.99

梗概

この喜ばしい物語は、「俺たち、どら猫ではなく社会猫だ!人間は自国に住民になって、それと同じで俺らも住んでいるコミュニティの国民だ!」と言うアービが語る物語です。

この本に主演している各猫に顔、心、気持ち、思考、そして彼らの生命を祝福、又は呪いにする事が出来る人間の同様な恐れと幸福がほとんどの世間に住んでいるどら猫に命を贈られています。

黄色いたくましいオス猫アービ、彼と彼の兄弟と友達が彼たちが日の終わりで次の日にまだ生きているかどうか知らずに9つの命で日々に精一杯生きて、彼のカラフルな冒険と経験に私たちを案内します!退屈な瞬間は決してありません。そして彼らの存在を嫌い、国民猫を見たこともない聞いた事もないべきと考えている人たちと悲惨な知恵の照合!

この気の利いたコミュニティ·猫のドラマのリードスターアビーは、強い傲慢冒険好きで、彼は上司であり、彼が言うことになります!そして、チョコ、気立て良くて楽天的で完璧な士君子、彼の猫年より賢明で穏やかなアービの弟がいます!

女性たちが恋人としてアービ、固体頼り夫としてチョコ選ぶと言われています!

カリコ、アービの友達、「好きな人」、早熟と怒を合わせる、そして彼女の直接の正反対、シスター、コミュニティ猫の近隣クラスタの無愛想な、うなるエイジング家長、アービが「今までに存在していた醜いと意地悪ネコだ。」と呼び出しています.

各猫は、自分なりに活気のあるキャラクタで、あなたと一緒に彼たちの生活を共有します。すべての生き物が目的があると言う修辞学があり、コミュニティ猫は何の為にこの地球上に作られたのだろう?恐らく彼らの餌と世話を与える愛する「フィーダー」が自分のお金と時間を与え、神の恵まれない生き物の生活を許容できる様において現れるヒトから同情を引き出すため。

フィーダと猫との間の結合と愛は、非常に痛烈ここで共有され、アビーが言うように、「神様、誰もが私たちのフィーダと私たちの間の唯一の関係は、食品だけだと思ってるかな?俺たちも介護者に結びつき、頭を撫でてくれる、その毛の波打ち又は、食糧を選び過ぎるなと言う口やかましい、とその30分の愛を為に熱心に一日中帰りを待ってるで。“

「人々ができるだけ来たり行ったりして、それで俺らがそれに対して対処すると期待されて、近接になって色んな物を愛した欠落している誰かに対しての感情を乗り越え、それで次に来る誰かをそのままで受け取る。まあどうせ俺らコミュニティ猫は猫の世間の階層の最下位、その屈辱的な現実のせいで俺が落ち込んでのろのろと子供の頃の家庭となっていた深いドレインホールへ進み、ヘレンの為に泣いていた。人々まあ最愛のフィーダーも誰が俺らを食べさしても構わないと言う考えは不公平だ。だって結局必要なのは食べ物だけだろう。だけど構うよ、本当に!

しかし朝には、生き残る為の燃えている決意で目を覚めて、俺らは自分の世間に残る権利があるからどこでも行かない、何でかと言うとこれは俺たちものお家だ!」

ある日この骨格の授乳しているメスドラ猫が彼女の赤ちゃんに十分な牛乳を飲ます様に私のテーブルに来て食べ残しの為に物乞い、私の心が感動しました。。。そこからコミュニティ猫との情事が始まりました。

Kimura, Rei Category: Product ID: 23400

Description

梗概

この喜ばしい物語は、「俺たち、どら猫ではなく社会猫だ!人間は自国に住民になって、それと同じで俺らも住んでいるコミュニティの国民だ!」と言うアービが語る物語です。

この本に主演している各猫に顔、心、気持ち、思考、そして彼らの生命を祝福、又は呪いにする事が出来る人間の同様な恐れと幸福がほとんどの世間に住んでいるどら猫に命を贈られています。

黄色いたくましいオス猫アービ、彼と彼の兄弟と友達が彼たちが日の終わりで次の日にまだ生きているかどうか知らずに9つの命で日々に精一杯生きて、彼のカラフルな冒険と経験に私たちを案内します!退屈な瞬間は決してありません。そして彼らの存在を嫌い、国民猫を見たこともない聞いた事もないべきと考えている人たちと悲惨な知恵の照合!

この気の利いたコミュニティ·猫のドラマのリードスターアビーは、強い傲慢冒険好きで、彼は上司であり、彼が言うことになります!そして、チョコ、気立て良くて楽天的で完璧な士君子、彼の猫年より賢明で穏やかなアービの弟がいます!

女性たちが恋人としてアービ、固体頼り夫としてチョコ選ぶと言われています!

カリコ、アービの友達、「好きな人」、早熟と怒を合わせる、そして彼女の直接の正反対、シスター、コミュニティ猫の近隣クラスタの無愛想な、うなるエイジング家長、アービが「今までに存在していた醜いと意地悪ネコだ。」と呼び出しています.

各猫は、自分なりに活気のあるキャラクタで、あなたと一緒に彼たちの生活を共有します。すべての生き物が目的があると言う修辞学があり、コミュニティ猫は何の為にこの地球上に作られたのだろう?恐らく彼らの餌と世話を与える愛する「フィーダー」が自分のお金と時間を与え、神の恵まれない生き物の生活を許容できる様において現れるヒトから同情を引き出すため。

フィーダと猫との間の結合と愛は、非常に痛烈ここで共有され、アビーが言うように、「神様、誰もが私たちのフィーダと私たちの間の唯一の関係は、食品だけだと思ってるかな?俺たちも介護者に結びつき、頭を撫でてくれる、その毛の波打ち又は、食糧を選び過ぎるなと言う口やかましい、とその30分の愛を為に熱心に一日中帰りを待ってるで。“

「人々ができるだけ来たり行ったりして、それで俺らがそれに対して対処すると期待されて、近接になって色んな物を愛した欠落している誰かに対しての感情を乗り越え、それで次に来る誰かをそのままで受け取る。まあどうせ俺らコミュニティ猫は猫の世間の階層の最下位、その屈辱的な現実のせいで俺が落ち込んでのろのろと子供の頃の家庭となっていた深いドレインホールへ進み、ヘレンの為に泣いていた。人々まあ最愛のフィーダーも誰が俺らを食べさしても構わないと言う考えは不公平だ。だって結局必要なのは食べ物だけだろう。だけど構うよ、本当に!

しかし朝には、生き残る為の燃えている決意で目を覚めて、俺らは自分の世間に残る権利があるからどこでも行かない、何でかと言うとこれは俺たちものお家だ!」

ある日この骨格の授乳しているメスドラ猫が彼女の赤ちゃんに十分な牛乳を飲ます様に私のテーブルに来て食べ残しの為に物乞い、私の心が感動しました。。。そこからコミュニティ猫との情事が始まりました。

Additional information

Book type

eBook

Pages

Language

Japanese